LOG IN

気がつけば8月、戦争の話をします。

毎日なんだかバタバタして、気がつけばもう夏の盛り。お墓参りの季節が来ると、兵隊姿のご先祖様の写真を前に、祖父母たちが生き抜いた時代の壮絶さを思わずにいられない。 私の祖父は三度戦争に赴きました。本が好きで、国語の先生の夢を叶える一心で戦火を生きながらえ、ビルマで終戦を迎えました。やっと郷里に戻ると、二人の兄は戦死、地主だった所有の田

寝室は南向きがおすすめの理由

秋田県内の住宅実例を紹介する住宅雑誌を10年以上発行している。 出版不況の中、発刊のモチベーションは純粋に建築に携わる人への敬意だと思っている。 短大進学後、畑違いの店舗や住宅の設計を志して転職。 キャリアを積む間もなく結婚・出産が重なって専業主婦になった。 子どもの幼稚園入園を契機に秋田へUターンし、憧れを捨てきれずに無謀にもセルフビルド

役割のない自分でいる時間

人はみんな、たくさんの役割を持って生きている。 初めは家庭における「お兄ちゃん」と「かお姉ちゃん」とか「おチビちゃん」とか。 学校に上がると「保健係」とか「飼育係」、「マネージャー」「生徒会長」など多種多様で、 もっと成長すると「彼氏」や「彼女」という甘美なのも加わる。 親から独立したら「夫」か「妻」になり、「お父さん」「お母さん」にな

木を燃料にすること

運営している店では薪ボイラーというものを採用している。 薪でお湯を沸かしてタンクに貯め、そのお湯に間接的に水を通して店内の床暖房や食器洗いなどの給湯に使用していて、冬の室内のおだやかな暖かさはお客様にも好評だ。 オープンは2014年。 今よりはもっと東日本大震災の傷が、当事者以外の私たちの胸にも刺さっていたと思うが、石の上にも三年の慣性によ

彫らない木版画、入りました。

彫らない木版画家・小板橋雅之さん。 展示会でお会いして個人的に気に入った一枚を手元においておりましたが、 いいなぁとじわじわ思い、店内でご覧いただこうと数枚追加してソファ席の壁かけました。 蔵の中は明るさもなく、写真でなかなかその魅力をお伝えできませんが「自分の力の及ばない単純な形、手跡の残らないもの」という選択で手に取った「円」を組